疲れ目とビタミン

疲れ目になる原因は実はビタミンが非常に関係しています。

ビタミンを摂取することで疲れ目を解消する事が可能です。

今回は、疲れ目の原因になっているビタミンの不足と各ビタミンを摂取することで何が解消できるのかを紹介します。

最初に、疲れ目は何が原因かというと、目の筋肉の機能不足と目の水晶体が硬くなってしまうこと、また、目がとらえた光を信号に変換する機能の衰えによって発生します。

最初の、目の筋肉の機能不足ですが、これは目を動かす筋肉が凝りかまっている場合と目のレンズの調整を担う筋肉が凝り固まっている場合両方当てはまります。

目のレンズの筋肉が凝り固まっている場合は、重症になります。筋肉の凝りを解消するには、ビタミンのB1が重要になります。

このビタミンは、体内に入ると人間の筋肉に存在するエネルギーの消費系に作用して、疲労物質の分解を担っています。

しかし、このビタミンは筋肉以外にも酵素の働きを良くするといった効果もあります。

そのため。飲酒をしている方は通常の方よりも疲労回復に使用される割合が減少するために、眼精疲労になります。

また、このビタミンがない場合は、食生活で不足している場合が高いので注意が必要です。次に水晶体が高くなる原因は、ビタミンCの不足になります。

水晶体は、目のレンズの部位で人間が物を見るときには、レンズをレンズの周りの筋肉によって厚さを調節しています。

ですが、凝り固まっているとこの部分の柔軟性がなくなってしまって筋肉の押す力が非常に大きくなってしまいます。

そのため、目のレンズの調節に関わる筋肉が、凝ってしまうので、疲れ目になりやすくなります。

最後の、目の網膜の重要ビタミンとして大切なのがビタミンAです。ビタミンAですが不足すると暗いところで目が見えない夜盲症と言った症状が現れるようになります。

こういった目の疲れにはビタミンが非常に大切で、自覚症状がある場合は、これらのビタミンを積極的に摂ることが大切なのです。

このページの先頭へ