疲れ目を進行させる間違った眼鏡の使い方

長時間パソコンに座っていることで発生する、疲れ目ですが、この疲れ目の原因は実は思いがけないところに潜んでいます。

それは、知らぬ間に選んだ眼鏡が自分の目に合っていないといったことで発生することがあるのです。

今回は、疲れ目を解消する正しい眼鏡の選び方に関して紹介します。眼鏡は、しっかり選ばないと疲れ目を助長させます。

眼鏡をかけることで、眼精疲労の症状が軽くなるのは、眼鏡をかけたことによって目の中に存在する筋肉が水晶体の厚さを調整する必要が無いからです。

水晶体とは、目の中に存在するレンズのことで人間はレンズの厚さを調節して、物体が見える最適な距離で、調整をかけるようにしているのです。

ですが、特定の距離ばかり見ていると、筋肉が凝り固まってしまいます。

そして距離の調節機能が落ちるために、視力が低下します。これが物が見えない状態です。

そして、みなさん眼鏡を購入しますが、一番失敗するのは、近視で1.5以上の調整のレンズを使用する方です。

1.5以上は、日本の社会の生活では見えすぎてしまう視力になります。

人間の視力が良すぎると、目に入ってくる情報が格段に多くなります。

そしてその情報を処理することができないために、脳の神経系にストレスが発生するようになります。

そのため、脳がストレス状態が発生して疲労を訴えるようになります。

更に、厄介なのは、レンズによって近くを見ると目の中のレンズを調節する筋肉が緊張を強いる状況になってしまいます。

凝り固まった筋肉が、さらに凝り固まるといった状況が発生するようになります。

つまり、目の疲れを解消するために、眼鏡を購入したにも関わらず、余計に疲労が増していることになるのです。

対策としては、1.2ぐらいか、近場と遠くを見るレンズの厚さが異なる遠近を選ぶことが大切なのです。

遠近というと、老眼という人がいますが、それは若い人も関係ないことで、むしろ若い人が目の機能を落とさないようにしかるべき、レンズを選ぶことが大切なのです。

このページの先頭へ