目の疲れ解消に繋がるタオルの使用法

疲れ目になると簡単に疲れを解消できるのが、蒸しタオルや冷たいタオルを目の上に置くことです。

ですが、いざ自分が疲れ目になった時にどっちを使用したらメリットがあるのか、あまりよく理解できないといった声を耳にします。

実際にそういった問題に直面して多くの方が悩みを持っているようです。

疲れ目の症状によって、どっちがいいのか、またタオルを用意するときの注意点に関して紹介します。

目の疲れ目のうち目がしょぼしょぼする場合は、熱で疲れを取ったほうが良い場合です。

これは、目の筋肉が凝り固まったことによって血流が滞りその結果起こっている症状になるので、目の疲れを取るには血流を良くする必要があります。

そのため、目の疲れを取るには、積極的に温めるといった事がベストになります。

ただし、蒸しタオルを作るには電子レンジで作るのが効果的ですが、この電子レンジで作るのが結構失敗される方が多いのです。

実は、電子レンジは急激に水分を暖めるので、チンした後のタオルをそのまま直接乗せると大やけどをします。

そのため、取り出したら、一旦両手でタオルの余熱を取ることを忘れないようにしてください。

適温になったところで使用することが大切です。次に、目の疲れのうち、充血や炎症、また目が乾燥して熱いといった症状が出ている場合は、冷水で冷やすのが効果的です。

充血や炎症の場合は血流が良くなりすぎることでかえって症状が悪化します。

血液がが駄々漏れの状態が続くことで症状が悪化していることで、炎症が起きていることになるので、血流を抑える必要があるのです。

航した場合は、冷やしタオルでしっかりと冷やすことが大切になります。

水道の水を絞ったものだけでもいいのですが、実は一番いいのは、冷蔵庫で30分以上冷やしたものが効果的になります。

簡単に作れますので、前もって冷やして疲れた時に使用するといった形をとると非常に良い疲れを取る方法になります。

疲れの種類によってタオルを上手く使って症状の緩和に繋がる参考になれば幸いです。

このページの先頭へ