疲れ目の症状とは?

疲れ目によって起こる症状によって、対処の仕方がご存知である人はあまりいないのが現状です。

今回は、疲れ目の症状に合わせて、対処の仕方を具体的に紹介していきます。

今回は、目が重い、目が痛むといった症状の場合です。この症状の場合は、目の疲れの部類の中でも厄介な症状になります。

この場合に最初にやるべきは、電子レンジで温めたタオルを目に当てて、横になって安静になることです。

この症状が発生しているときは目の周りの筋肉が凝り固まっている状態になります。

目を支える筋肉は外眼筋は6本あり、目の奥側、白目の後ろの地点で一束になっています。

この一束になっている筋肉の何処かが痛むと目の痛みを感じるようになります。

こうした場合には、最初に蒸しタオルを使用して凝りを取るのが効果的になります。

眼の奥の筋肉の凝りを無理やり取ろうとすると、外眼筋を傷つけることになってしまうおそれがあるので、最初に熱によって凝りをほぐす必要があるのです。

もし、蒸しタオルを当てる前に、日頃の生活の中で風呂に入って入る前と入った後で目の奥の凝りの症状が軽くなるといった自覚があるのであれば、自分の目に疲れには熱によって緩和することが可能だということがわかるので、凝ってきたなといった時点で行うようにしてください。

また、最近は電子レンジで温めるハーブ入りのアイピローといった商品があります。

程よい重さと、香りによって目の疲れを緩和することが可能です。

また、目の疲れは交感神経の過剰な活発によって起こることも知られています。

ハーブにはリラックスの効果が高く、外眼筋内に存在している血管の幅を広げてくれるのです。

その結果、目の血管の幅が広がる効果が通常の熱によって起こる場合に比べて、症状が緩和することができます。

疲れ目の内目が重い、痛むといった症状にはこうした熱による対策が効果的なのです。実際に眼の奥の筋肉は触ることができないので、対処法の参考になれば幸いです。

このページの先頭へ