目の疲れとハーブティー~有効な使用法1~

目の疲れに有効的なハーブティーですが、実は飲むだけが有効的な使用法では無いのです。

今回は、目の疲れを解消する有効的なハーブの使用法を紹介します。

最初に、ハーブティーは飲むといったものだけといった使用法を考えている人がいますが、それだけでは無いのです。

実は、目の洗浄にも効果的です。方法は、ハーブティーと同様に成分を抽出して、そのお湯を洗面器に入れて使用します。

温度はちょっとぬるま湯と言った感じの温度を使用します。

この方法のいい部分は目の粘膜に直接有効成分が触れることができます。

疲れ目は、目の中の筋肉が萎縮することで凝ってしまいその凝りが疲労として感じることによって眼の疲れが発生してしまうのです。

そういった症状の改善には、直接暖かめのお湯を使用して目を洗います。

すると、目を洗うことによって目の周辺の筋肉の萎縮を解消することができるので、非常に効果が高いのです。

また、ハーブティーを使用することによって、目の粘膜からの有効成分の吸収をすることが可能になります。

疲れ目以外にも、花粉症や涙目、ドライアイにもハーブティーを使用した目の洗浄で解消することが出来るのです。

注意すべきなのは使用するハーブの種類を間違えないことです。

実は、ハーブティーで洗浄に向かないのがメントールが入っているミント系のハーブティーです。

ミント系で目を洗ってしまうと刺激に弱い人では、目を痛めてしまうといった問題が起こります。

そのため、目の疲れ解消にはこういったハーブは使用せず、ハイビスカスといった物やフィンネルと言った比較的刺激の少ない成分が入っているハーブティーを使用するようにしてください。

一回飲んでみて、清涼感を確認してから、使用すると失敗が少なくなるのです。

最後に、目の洗浄は一日一回異常やるのが効果的ですが、一番効果があるのは、疲労がたまっている就寝前の時間帯です。

この時間帯で疲労を取っておくことによって、睡眠の質をも良くすることが可能なのです。

このページの先頭へ