目の疲れを避ける正しい姿勢とは?

目の疲れは、長時間同じ距離見ていると発生します。

ですが、社会人は長時間同じ距離のパソコンを見ているといった方も多いのでは無いのでしょうか?

そういった状況で、目の疲労の対策をしようにも厳しいと感じている方も少なくありません。

今回は、目の疲れを避けるための正しい姿勢に関して紹介します。

最初に、長時間同じ距離で物を見ている時間が長いのは仕事の場合、気をつけるべきは姿勢です。

ここで、重要な点を2つ紹介します。最初にパソコンのディスプレイやキーボードはどういった形で配置しているか確認して欲しいです。

もし、貴方のキーボードが平面で、下を見ないと文字が打てないといった場合は、傾斜をつけるといった対策が必要になります。

これは、文字を打つときに首を下に向けることで首の血流が悪くなります。

そのため、血流が少なくなるために目の疲労物質が血液に乗って解消されないために、疲労がたまりやすくなります。

次に、ディスプレイは、画面が座った人間の真正面にあるよりも上の方への傾斜がある方が疲労がたまりにくいのです。

正面にあると、文字を打つときに姿勢が乱れやすくなります。

そのため、胸を張った状態の姿勢に近づけるには、画面に傾斜をつけることによって、首が自然と真っ直ぐに、顎が上がります。

そのため、血流が非常にスムーズになります。また、こういった姿勢を長時間意識するには、腹式呼吸が出来るような姿勢を意識することが大切です。

整った姿勢は疲労の解消に深く役に立ちます。最後にパソコンを触っている時に猫背になっていないでしょうか?

実は目の疲れを訴える方は、姿勢が悪い方がほとんどです。猫背を避けると言ったことだけでも目の疲れは解消されるのです。

また、眼精疲労だけでなくて肩こりの解消といったことにも大きく役立つのです。

目の疲れは仕事にはつきものですが、意識によってその度合を軽減することが出来るのです。

3点を意識するだけでも、目の疲れは大きく解消されます。参考なれば幸いです。

このページの先頭へ