疲れ目の解消と生活習慣

疲れ目が日本よりも多いとされるアメリカでは、この症状の解消のために、日頃の生活習慣によって疲れ目の解消に繋がる方法を研究してきました。

今回は、その疲れ目解消に繋がる、生活習慣を紹介します。パソコンで仕事をしていると疲れ目になる方が非常に増えてます。

これは、長時間、同じ距離を見続けることによって、目を動かす筋肉と目の焦点距離を合わせる筋肉両方が、凝り固まってしまって、動かしにくくなることが最初に起こります。

その後、目の筋肉が凝ってしまったことによって、その組織の中に入っている、血管の幅が狭くなってしまうことによって眼の疲れを人間の脳が探知してしまうのです。

その結果、疲れ目といった症状が発生してしまうのです。

この目の症状の改善で効果的な方法は無いかとアメリカのノースイースタン大学の健康科学学部Jack Dennerlein教授は、疫学調査や対照実験を行なって、一番簡単に出来る方法を紹介しました。

それが、「20-20-20ルール」というものです。20分パソコンの画面を見た後には、20フィート(6m)以上先の物体を見るといった事を繰り返すことによってその症状の改善に繋がると言った研究結果を発見したのです。

近い距離長時間見続けることによって凝り固まった脳の機能を元通りに戻すと言った事を目的に、開発された方法で、実際にその実験結果を元に一部分のIT企業ではこの方法が使用されて症状の改善に務めているといいます。

また、この教授の論文には、他にも有効な対策が書かれており、PCのでじスプレイにはハイタッチ出来るような距離に置き、近すぎないようにすること、スマフォを使用する際には、目の高さよりも少し下げた状態で使用して、猫背にならないように使用することと言った、簡単に出来る目の疲労の対策に繋がる方法が載っているのです。

目の疲れはこうした日頃の仕事や習慣によって症状の緩和につながります。日常生活で出来るものなので、取り入れて前もって目の疲れの予防になれば幸いです。

このページの先頭へ