目の疲れの解消に繋がる目薬の指し方

さて、目の疲れの解消につなげる目薬ですが、この目薬の効果を邪魔している大きな要因があります。

それが、目薬の刺し方を間違っている場合です。今回はそんな目薬の正しい指し方に関して紹介します。

最初に、目薬をさすタイミングです。皆さん、目薬は指す頻度が決まっています。

商品を購入したら一日何回目薬さしていいのか確認するようにしてください。

目薬はあくまで薬ですので、薬の指す頻度を間違えると薬が効きすぎて、本来使用すべき量よりも薬剤が効いてしまうために疲れ目を解消するよりも他の部分で副作用が起こるので、回数は確認するようにすることが大切なのです。

疲れたと感じたら使用する、そんな頻度で十分使用することが大切なのです。

一日に何滴一回に使用して、それを何回まで使用したらいいのか確認するようにすることが大切なのです。

次に、重要なのが、目薬の容器の先端と瞳までの距離です。

容器の先端にまつげが触れるといった事は雑菌の繁殖の原因になるので、それは避けるようにしてください。

また、目やにやほこりが入らないように最新の注意を払うといった様な事が大きなポイントになります。

目やにが入っていると、瞬きしても上手く全体に液が広がらないので指す前には取り除くことも忘れないようにすることも大切なポイントになります。

指すときには、上を向くことの他下瞼を軽く引くことも大切なポイントになります。

引くことによって、しずくをチャッチして、目全体に行き渡るようになるのです。

その後は、まぶたを暫く閉じるようにして目全体に行き渡るようにするようにすること、また目頭を押して、目全体に涙が広がるように処置をすると言ったことも大きな効果を発揮するのです。

全体に広がった後は、暫く遠くを見て脳をリラックスさせることも、目薬をさすには大きなポイントに成ります。

薬を目の中に広げるには、目の筋肉全体をリラックスさせるといったことも大切なのです。一回指した目薬の有効成分を広げる参考になれば幸いです。

このページの先頭へ