目の疲れの原因のブルーライトの影響と避ける理由

目の疲れの解消には、ブルーライトを避ける事が大切だと多くの方は耳にしたことがあるのでは無いでしょうか?

では、ブルーライトがどういった部分に悪影響を及ぼしているのか、これは最近の目の疲労の研究において重要な課題になっているのです。

今回は、そんなブルーライトの影響と目の疲れの関係に関して紹介します。

ブルーライトとはどういった光なのか、これは可視光と言って人間が目で見る光の内。波長が短い光を言います。

この波長の短いことが大きな問題になります。実は、波長が短い光は、大きなエネルギーを持っています。

このエネルギーのある光を長時間見ている状態が続くと目に様々な悪影響を及ぼします。

実際に多いのが、散乱やチラツキといった事が多いため、眼球の中の網膜にもダメージを与えるといった事が研究結果で知られています。

そのため、避ける必要性があるのです。ブルーライトはそういった意味で避けるべきだといった定義になっています。

しかし、このブルーライト厄介なことに目の中に存在する、活性ビタミンB2というビタミンを分解してしまうといった問題を引き起こすことも判明しました。

活性ビタミンB2は、眼球の中に存在する細胞に作用して傷ついた細胞を再生する事を促進するビタミンになります。

傷ついた細胞を回復するといったビタミンを、このブルーライトは分解してしまいます。

その結果、傷ついた細胞が多く残ることによって物が見にくくなるといった症状が起こりやすくなるのです。

人間は物が見えないと、その分筋肉を酷使して物を見るようにします。

そのため、更に眼精疲労が悪化すると言った問題が起こるようになるのです。

こうした、症状の改善のためにもブルーライトを避ける必要がありますが、それが出来るにしても現代の生活では限界があります。

壊された機能を取り戻すことに着目て適切なケアを行うことによって、目の疲れを避ける事が出来るのです。

ブルーライトのカットするフィルターや眼鏡といった物を使用することによってその症状を改善することができます。参考になれば幸いです。

このページの先頭へ