疲れ目解消と乱視

疲れ目の解消には、実は自分の目の性質を知っておく必要があります。

実は、目の病気になりがちな症状に乱視があります。乱視持ちの方は通常の方よりも目の疲れを感じることが多く、治すには多くの注意が必要になります。

今回は、疲れ目と乱視に関して紹介します。最初に、乱視というのはどういった症状が紹介します。

目が見えないといった症状は、近視、遠視が有名で、近視の場合は、目に入った光が網膜の後ろで像を結んでしまうために起こる症状になります。

遠視の場合は手前で像を結んでしまう症状になります。こういった、本来網膜の上で像が結ばれない症状を、近視、遠視といいますが、乱視の場合は症状が異なります。

乱視の場合は、人間が持っている水晶体のレンズが歪むことによって、目が見えにくっくなる状態なのです。

近視と遠視は、基本的に水晶体のレンズの厚さ調整によって目が見えにくくなるといった症状を持っていますが、乱視の場合は、レンズ自体に歪みがあることによって起こる症状になります。

この乱視ですが、適切な視力を持っている方でも起こります。

そのため、眼鏡を掛ける必要がないとされる視力を持っている方がこのタイプの疲れ目になりやすくなるのです。

像の焦点がなかなか合いにくくなるので、それを合わせるために、人間の眼球の筋肉は必死に焦点を合わせようとします。

その結果、目の筋肉がしっかりと焦点を合わせる事にエネルギーを通常よりも使用してしまうので、疲れ目になってしまうのです。

そのため、乱視の方は通常の方よりも目が疲れやすくなってしまいます。

疲れ目を解消するには、最初に自分が乱視であるかどうか調べることです。

一番わかり易いのが、横断歩道の縞々です。あの縞々が均一の濃さに見えない場合はかなりの割合で乱視の可能性が高いということになります。

この場合は、最初に眼科でしっかりと検査をすることが大切で、片方が乱視ということもありえます。

放置をしておくと見える方の目に負担がかかることになるのですみやかに眼科に行って眼鏡をかけることで、目の疲れを解消することが出来るのです。

このページの先頭へ