目の疲れと眠気

目の疲れがたまるようになると、実は眠気を発生する事が知られています。

今回はその眠気と目の疲れが起こる原因と対策を紹介します。

最初に目の疲れが浅い段階は、目の疲れでも眠ったりしている間に目の疲れが血流によって分解されたりして回復をします。

そのため、目の周辺の筋肉が柔軟性を持って、疲れを解消してくれるのです。

ですが、この疲れが異常にたまってしまう場合があります。これが眠気の原因になります。

この段階になりますと、目の疲れが異常に溜まってしまっている眼精疲労の症状になります。

では、眼精疲労の段階になると眠気が発生する要因を説明していきます。

これは、体の機能の疲れを認識する箇所が異常を起こしているからです。

人間は体が元気になると、元気だという信号を各組織が脳に届けるようになります。

ですが、眼精疲労の場合には、目の部分の奥の疲れが抜けていないので、この部分の箇所が疲れている状態だよといった信号を、脳に発信するようになります。

そのため、体の脳は、スッキリと疲労が解消されていないと考えるように判断を下します。

特に、厄介なのは、目は多くの生活で出来る上での重要な情報を得ています。

そのため、視覚が全体の情報を得ている器官なので、この部分に多くの疲れがある状態は危険だと判断を下すわけです。

その結果、目の疲れを解消させるために脳は、睡眠を取るように指令を出します。

これが、目の疲れによって眠気が発生するようになる要因になります。

これは、専門用語で、睡眠恒常性による睡眠調節機構という風に言われており、この機能が起こるようになると睡眠が出やすくなってしまうのです。

そのためには、こまめな眠気覚ましよりも蒸しタオルや栄養を摂って眼精疲労自体を解消していくことが大きな眠気解消になります。

休日は眠気が出ないといった方はこうした眼精疲労による眠気の発生が考えられるのです。

こうした眠気の解消には、まばたきをするだけでも大きな解消につながります。参考になれば幸いです。

このページの先頭へ