疲れ目とハーブ~蒸しタオル~

疲れ目には実はハーブが効果的です。今回は、疲れ目解消に効果のあるハーブの使用法に関して紹介します。

ハーブの使用法は、ハーブティーで摂取しても、精油でも十分効果があります。

今回は、ハーブの精油を使用した対処法に関して紹介します。今回、精油を使用して、疲れ目を取る方法は蒸しタオルを作る方法です。

この方法で効果の高い精油は、ラベンダーがひのきといった木の香りがお勧めです。

なぜなら、加熱後も心地よい香りが十分して、香りが残るからです。

実際に、この方法で蒸しタオルを作ると通常の蒸しタオルよりも、効果が高く何もしない時に比べて、非常に疲れが取れて心地よい癒やしになります。

そのやり方を具体的に紹介します。最初に、用意するものです。

ハンドタオルですが、これは家にあるもので十分です。おすすめしたいのは、単なるパイル地やガーゼのタオルが心地よいです。

濡れタオルを作って目に乗せて、心地よい負荷がかかるものを選ぶと、良いと思います。

目に乗せる物なので、重さや肌触りの好みが多いと思いますが、最初は家にあるもので大丈夫です。

次に、お湯を用意します。お湯が無理と言う方もいますが、電子レンジでチンをして加熱タオルを作るといった方法があります。

お湯で温めたタオルを作るのがポイントになります。最後に、お湯を用意出来ている場合には、お湯にエッセンシャルオイルを1滴たらして、その中にタオルを浸して完成になります。

電子レンジの場合は直接つけると、香りがきついので、スプレーや化粧水といった物をつけるようにしてください。

エッセンシャルオイルだと香りがキツすぎで不快な場合が多いのです。最後にできたタオルをまぶたを閉じた目に乗せます。

目をとじるといったことだけでも、目を休める効果があるのですが、香りによって涙腺や血管を広げて、目の疲れを取る効果が高いのです。

目以外にも、首周りや肩まで目を当てたタオルで、温めるとそれだけでもこの部分の凝りを解消してくれるのです。

目と目の周りのケアを同時にしてくれる素敵な対処法になります。

このページの先頭へ