疲れ目と目薬~1~

疲れ目を発生すると一番最初に手っ取り早い対策として、選択肢に上げるのが目薬です。

実は市販されている目薬には多くの成分が含まれています。

ですが、注意して選ばないと本来の治療の目的を上手く達成できないといった問題があります。

今回は、そんな疲れ目に合わせた目薬を選ぶコツを紹介します。最初に、眼科に治療に行った場合には、市販の目薬は詳報されない医師が多いのです。

これは、目薬に含まれている有効成分に大きな問題はあるからです。

目薬は、口から服用しないからそんなに神経質にならなくても良いと思う方も多いのでは無いでしょうか?

ですが、長期間使用するため、体に着実に作用していきますので、しっかりとした知識が必要なのです。

知ってもらいたいことは、目の疲れの種類によって、選ぶ目薬をしっかり選ぶことが大切なのです。

目の疲れの場合に選んではいけない成分は、塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリンという成分です。

これは、血管を萎縮する作用が強いのです。眼の疲れの症状の発生の原因は基本的に、血管内の血流が著しく滞った状態によって発生します。

つまり、血流が少なくなったことによって眼精疲労が発生しているというのに、更に追い打ちをかけるといったのが、疲れ目の目薬で起こしてしまうというのが大きな問題になります。

この成分は目の充血と言った血管の壁の脆さによって発生した症状に使用するのが適切なのです。

つまり、このような症状の改善には向かない成分なので、疲れ目の時には使用しないことが肝心なのです。

未だに、市販されている目薬には、この成分が含まれている物もあります。

そのことを知らないで、使用した目薬によって症状が改善せず、病院に来る方が多いのが現状です。

市販されている目薬も適切に使用しないと症状の悪化につながります。市販されている薬剤とは言え、薬は薬です。

口に入れない場合の目薬に、あまり注意をされない方が多く、多くの症状の悪化の事例が発生しています。選ぶ目安の参考になれば幸いです。

このページの先頭へ