目の疲れと漢方薬~3~

目の疲れを治すには漢方薬が、非常に効果的です。

しかし、漢方薬には多くの種類が存在し、その有効な生薬の有効成分に関して知っておくと、治りが早いといった研究結果が出ています。

これは、薬の服用によって得られた安心感が加わり治療の成績が非常に進んでいるということなのです。

今回は、そんな目の疲れと漢方薬に関して紹介します。漢方薬でも市販されていない薬剤があります。

それは、温清飲、補中益気湯、柴胡桂枝乾姜湯の3種類の漢方薬が該当します。

3種類の漢方薬の内、それぞれの役割を順に紹介します。最初に、温清飲は、頭に熱がこもりやすい人に処方します。

基本的に、目の疲労がある場合には、目の一部分に極端に水分や血流の流れに問題がある場合を指します。

つまり、体に存在している水分が滞りによって病気が発生するといった症状が起こるのです。

そのため、この漢方薬を服用することによって、体内の水分の流れを良くして、血流や水分の流れを良くして老廃物を出すといった効果があります。

補中益気湯は、胃腸が弱っている場合に処方します。目の具合が悪い場合は基本的に人間のお腹の中に存在する内臓の機能が弱っている場合が多いのが特徴です。

そのため内臓のケアを良くする漢方薬を処方します。内臓は基本的に、多くの血液を使用して消化活動を行なっています。

しかし、その消化の機能が弱まると、食べ物を消化するために、血液が内臓を動かすエネルギーに使用してしまうために、本来の目の機能を取り戻す目的に使用されなくなるといった問題が起こるようになります。

結果、目に疲れが溜まるといった状態になるのです。ですから、そういった方には、この漢方薬の処方が一番というわけです。

最後に、 柴胡桂枝乾姜湯の漢方薬は、目の疲れの他に疲れによって発生した頭痛に効果がある漢方薬になります。

自律神経の症状が悪化して、目の疲れが取れにくいといった方に処方されるのが一番いい薬になります。

こうした、漢方薬を使用することによって、自分にあった目の疲れの解消につながれば幸いです。

このページの先頭へ