目の疲れに効果のある漢方薬~2~

目の疲れの解消に漢方薬を選ぶといった方法があります。

しかし、目の疲れの種類によって漢方薬を選ぶことも大切になります。

今回はそんな目の疲れの種類によって選びたい漢方薬の種類と名前に関して紹介します。

杭菊花という漢方薬は、実は目の疲れの部類でも疲れ目によって発生した目の痛みや頭痛に特化している漢方薬になります。

この漢方薬の特徴は、菊の花の効果にあります。日本でも食用菊があるように、菊には実は多くの有効成分があります。

特に、頭痛や目の疲れを解消する成分がふんだんに含まれているのが特徴になります。

漢方では、肝臓の機能が余裕ない状態を改善して、症状を緩和するのが大きな特徴になります。

また、杭菊花の特徴は腎機能を改善するというのも大きな特徴になります。

腎機能が改善することによって、体内の水分の代謝が良くなります。

つまり、ドライアイによって引き起こされる目の疲れにも効果的なのです。

腎機能を良くすることによって、水分の循環が良くなり、血流も良くなります。

肝臓も体内の水分も良くする効果があるのです。そのため、非常に目の疲れの改善に繋がるというわけです。

また、この漢方薬のいい部分は、非常に飲みやすいというのも大きな特徴になります。

菊の花は非常に甘味があるので、漢方薬の独特の生薬の苦味がないといった部分でも大変好まれるのが特徴になります。

また、この生薬は2000年以上も使用されてきており、かの西太后も愛飲していたほどのお気に入りの生薬なのです。

そして、漢方の中でも上品にランクインされている部分でもこの漢方が長く多くの方に愛されているという証拠にもなるのです。

また、この漢方に練密が入った商品が菊花延齢膏になり、苦手な方はこの処方を選ぶことでより飲みやすくなります。

目の疲れには継続が大切なので漢方薬を選ぶ参考になれば幸いです。

このページの先頭へ