目の疲れに効果のある漢方薬~1~

目に疲れがある場合、漢方薬を使用してその疲労を解消するといった処置が必要になります。

漢方薬を試す場合、最初に市販の商品を選ぶ方も多くなってきました。

この漢方薬をしっかり使用する前に知識を持って商品を選ぶことも大切なことになります。

今回は、目の疲れに実際に効果のある漢方薬の処方に関して紹介します。

杞菊地黄丸という漢方薬が、目の疲労解消の漢方薬が一番有名で、目に効果のある漢方薬になります。

実は、目は肝臓と大きな関係にあります。杞菊地黄丸は、目の疲労を取るために肝臓に作用します。

古代中国の人は、目に疲労が溜めると肝機能が良くなくなることから、漢方薬では肝臓の機能を良くする事が大切だと言う考えのもとこの薬を服用してきました。

肝臓は体の血液の解毒を担っており、ストレス物質が溜まることによって、肝臓の機能が低下します。

結果、体の内一番負担がかかっている、目の奥の疲労が一切取れないといった状態になってしまうのです。

結果、眼の奥の疲れが肝臓で分解されないまま、疲労が溜まってしまうので目の疲れが取れないのです。

この弱った肝臓の機能を良くするのが杞菊地黄丸の薬になります。

実際の、薬効は、疲れ目、かすみ目、視力の低下に効果があります。

また、疲労の蓄積によって発生している眼精疲労や、眼精疲労によって発生している頭痛といった症状の改善につながっていきます。

目の疲れは病気によってその臓器の機能が減弱しているというわけでは無いので、肝臓の機能が良くなるだけで、十分症状の改善につながるのです。

つまり、目の疲れを取る本来の肝臓の機能に戻して、目の疲れの取る機能をより強くしているのが、杞菊地黄丸の効果になります。

飲むことによって、肝機能も維持できるので、肩こりといった症状にも効果がある漢方薬になります。

こういった漢方薬を使用することが症状の改善に有効な手段なのです。多くの目の疲れを取る方法がある中で、漢方薬を選ぶ参考になれば幸いです。

このページの先頭へ