目の疲れに漢方が効果がある理由

目の疲れの解消には、多くの方法があります。多くの人が訴える目の疲れですが、漢方薬を治療の選択として選んでいるのが比較的少ないのが特徴になります。

漢方薬は、ハーブティーや他の方法以外にはないアプローチで根本的から目の疲れを解消していきます。

今回は、そんな目に疲れに何故漢方薬が効果があるのかに関して紹介します。

最初に、目の疲れは漢方薬でどう捉えているのでしょうか?具体的に説明していきます。

漢方では、目の疲れは血行の障害として考えます。つまり局所的に偏って、体の機能が働いていないと考えるのです。

実際、目の疲れが出てくる場合は加齢による血行障害といったものから起こるといった方が多いのものうなずける理由です。

ドライアイは、体の水分の循環が偏ったとアプローチして考えます。

パソコンによって起こる筋肉の凝りは、その箇所の血流が著しく減少したと言った風に考えます。

つまり、涙と血液を同じ体内の水分と定義して、その偏りがあることによって、疲労といった症状が起こっていると考えているのです。

そのため、その部分の血行を良くするといった考えのもとその部分の血行が良くなるような成分を中心に処方するのが漢方薬になります。

目の疲れ解消に漢方薬のメリットは、血流の偏りを改善するので、他の部分の血流の解消につながります。

つまり、体の一部分の血流が少ないということは他の箇所に多くの水分がたまっているといった症状が発生するようになります。

そのため、目の疲れ解消の漢方薬を飲んだことによって、女性の場合は冷え性やむくみといった血液や体内の水分の滞りによって起きた、体の不調の解消に繋がったという方が多くいます。

目の疲れは、こうした体に存在する不要な物質を分解する体の血液や水分の流れを良くすることで、治すのが漢方の特徴なのです。

西洋医薬とは違い、速効性は無いものの、体全体を緩やかだけど、元気にしたい、目の不調とともに治したいという方には漢方薬は向いている治療法なのです。

このページの先頭へ