疲れ目の発生原因とは?そして何をすべきか?

疲れ目にならないようにするには疲れ目になる理由を知っておく必要があります。

知っておくだけで事前に予防することが可能だからです。

今回は、みなさんが仕事で起こりやすい疲れ目の原因に関して紹介します。

目の疲れとは、目の中にあるレンズが疲れているといった状態では無いのです。

目の疲れは、目を動かすために使用している筋肉が、長時間同じ場所を見ていることによって凝り固まってしまい、疲れている状態になります。

眼球は、6本の筋肉によって支えられています。そのため、その筋肉が長時間同じ場所を見ることによって、筋肉自体が非常に凝るといった状態になります。

その結果、筋肉が筋肉疲労を起こすようになります。この筋肉が疲れを感じるようになると人間は目がつかれたと勘違いするわけです。

こうした、目の疲れを解消するには、どうするべきか?それは、長時間同じ姿勢で画面を見ないことなのです。

実は、仕事で長時間パソコンを使用しない方でも大きな問題がある場合があります。それが、スマフォとタブレット端末です。

最近、交通機関に乗ると時もスマフォを見る方多くなってきています。

通勤時間1時間を同じ角度で、画面を見続けた場合、かなりの筋肉のストレスになります。

また、画面から出ているブルーライトと言った物も大きな目の疲れの原因になっています。

こうした、目の筋肉に負担がかかるような姿勢を長時間取っている場合。注意が必要なのです。

対策としては、姿勢を正すこと、一定時間が経った場合には、別の場所を見るといった事が大切になってきます。

遠くの物を数秒見るだけでも大きく変わってきます。目の筋肉は使わなければ、凝りは治りません。使わない筋肉は、どんどん凝り固まってきます。

意識して筋肉を使用するといった事が大切になって来ます。最近ではyoutubeでも手軽に使用できる目の体操の画面もあります。

点を追うだけで、知らない間に筋肉を使うといった物も検索して使用すると良いとパソコン仕事の間でも疲労の解消につながります。

このページの先頭へ