ブルーライトが引き起こす目の疲れと解消法

最近の若者を含めて目の疲れを訴える方が多くなった要因にとして、ブルーライトがあります。

このブルーライト非常にあるだけでも厄介な光で、知らぬ間に目の疲れが蓄積している原因にもなっています。

今回はブルーライトが引き起こす目の疲れとその解消法に関して紹介します。最初にブルーライトってどういったものなのか?

何故、目に悪い影響をもたらすのか、具体的に紹介します。

この世界には多くの種類の光があります。赤外線、紫外線、可視光、全てこれは光の分類です。

その内紫外線といった波長が短い光は、有害とされて最近ではUVカットの対象になっています。

ですが、この内の可視光にも、体の組織を痛めつける原因の光があります。これがブルーライトです。

ブルーライトは、可視光の中に含まれています。このブルーライトは名前の由来の通り、紫外線に近い青い光の波長を言います。

具体的には、350~400nmになるのですが、この光は人間の眼の奥に存在する、角膜を傷つけるといった作用が高いのです。

角膜とは、人間の眼球の中にある、光を捕える箇所になります。この箇所は、人間の光の信号を電気信号に変えて、物体がどう見えるのかを認識する箇所です。

この箇所が傷つくことで、物体がみにくいといった事が起こるようになります。

これが疲れ目の大きな原因になります。このブルーライトは液晶と呼ばれる機械の全てから発生していっても過言では無いのです。

ここで日常生活で使用している機械の名前を上げてみると、パソコン、スマートフォン、ウォークマンと言った商品が多く販売されています。

こうした機器を長時間見ていることで、目の角膜が傷つくといった事が起こって目の疲れが起こるのです。

対策としては、光のトーンを下げるといったことだけでも大きな対策になります。

またブルーライトをカットするといったことで定評のある、眼鏡は非常に効果が高いのです。

また、パソコンの背景を緑にするといったことだけでも、目の負担は軽くなります。参考になれば幸いです。

このページの先頭へ