目の疲れとハーブティー~クランベリーとハイビスカス~

目の疲れは現代人の宿命と言ってもいいほど、多くの方が疲れを訴える症状になります。

パソコン、スマフォといった機器の使用率の増加に伴い、こういった症状の増加は多くの一を悩ませる原因になります。

今回は、そんな目の疲れ解消につながる素敵なハーブを紹介します。最初に、クランベリーです。

クランベリーのハーブティーはその実を乾燥させたものになります。

生やジャムで食べても美味しいクランベリーですが、目の疲れの解消には実際にお茶で摂取したほうが非常に良い効果を発揮します。

それは、乾燥してお湯で抽出をしているため、有効成分を濃縮して飲んで摂取することができるからです。

濃縮されたエキスは、効率よく水分と共に吸収されるために、目の疲れに非常に効果が高いという理由です。

クランベリーは、ベリー類でも色素がアントシアニンと言った成分があるために、目の疲れを取るには効果的なのです。

また、クランベリーはベリー類の名前がある通り、非常に味がいいといったメリットも有ります。

それは、続けるといった効果によって目の疲れの改善があるわけなので、美味しく無いと飲もうとしないために、目の疲れが改善できないといった事があります。

そういった心配が無いというのも、クランベリーは目の疲れに非常に良いのです。

ハイビスカスの場合は、アントシアニンの色素も多いのが特徴ですが、実はクエン酸と入った成分が入っています。

クエン酸の成分は、非常に効果があります。それは、凝り固まった筋肉の疲れを取る効果が高いといった点です。

そのため、目の疲れの原因は筋肉の凝りと老廃物が排出されないことによって起こると言った原因を考えると、目の疲れには、効果が高いといっても過言では無いのです。

また、目の疲れを取るビタミンCも含まれており、さおのビタミンCがクエン酸同様の目の疲れを取るといった効果があります。

熱でも壊れにくい眼精疲労に効果の高い成分が多く含まれているので、ハイビスカスティーもお勧めです。

このページの先頭へ